ホーム > 書籍のご案内 > 第19回「大学と科学」みずみずしい体のしくみ−水の通り道「アクアポリン」の働きと病気−
このシリーズを探す

大学と科学
大学と科学

関連書籍を探す

タンパク質
タンパク質

新刊案内

最新刊5冊
最新刊5冊

第19回「大学と科学」みずみずしい体のしくみ−水の通り道「アクアポリン」の働きと病気−

第19回「大学と科学」みずみずしい体のしくみ−水の通り道「アクアポリン」の働きと病気−

→詳しい目次を見る

買い物カゴへ入れる在庫僅少

内容紹介
細胞膜のなかにある水チャネルたんぱく質アクアポリン。2003年のノーベル化学賞はアクアポリンを発見したアグリ教授に授与された。植物、動物における機能、ヒトの病気とのかかわりを紹介する。

→序文を読む

判型:B5版並製 / 発行日:2005.08.20 / 編著者:東京医科歯科大 佐々木 成
定価:3024 円 / 割引価格:2721 円
ISBN:978-4-87805-060-2

著者一覧 PDFサンプル

書籍サンプル画像
水チャネル4量体の構造

目次
アクアポリンの仲間たち
Aセッション 生物と水のかかわりI
みずみずしい植物とアクアポリン
植物のアクアポリンの働き
Bセッション 生物と水のかかわりII
線虫のアクアポリンからわかること
魚はなぜ淡水・海水に棲めるのか
昆虫のくらしとアクアポリン
両生類の水適応とアクアポリンの多様性
哺乳類のアクアポリン分布
特別講演 アクアポリンの構造をみる
Cセッション 乾く病気とその対策
ドライアイ
ドライスキン:アクアポリン研究から肌の水を見つめなおす
口腔乾燥症と唾液分泌促進薬
Dセッション 体内に水を行き渡らせるしくみI
体液調節とむくみ
脳浮腫は恐い
腎臓で尿を作るしくみ
Eセッション 体内に水を行き渡らせるしくみII
消化管のアクアポリン
肝胆膵における水の流れ
脂肪細胞とアクアポリン


PAGE TOP