ホーム > 書籍のご案内 > 脳を知る・創る・守る・育む 12−将棋と脳科学
このシリーズを探す

脳を知る
脳を知る

関連書籍を探す

脳科学
脳科学

新刊案内

最新刊5冊
最新刊5冊

脳を知る・創る・守る・育む 12−将棋と脳科学

脳を知る・創る・守る・育む 12−将棋と脳科学

→詳しい目次を見る

買い物カゴへ入れる

内容紹介
羽生善治氏は、局面に対峙したとき戦術を瞬間的に「直観」する。驚異的な創造性、思考法を名人自らが語る。名人の思考法に最新の脳科学はどこまで迫ったか。また、コンピュータ将棋はいつ名人を越えるか。名人と第一線の脳科学者との初めての共作。他に最先端の話題2編を収録。

→序文を読む

判型:B6判並製・148 / 発行日:2010.05.25 / 編著者:NPO法人脳の世紀推進会議
定価:1296 円 / 割引価格:1166 円
ISBN:978-4-87805-109-8

著者一覧 PDFサンプル

MRI写真 左から勝又六段、万研究員、羽生名人
本書は第17回脳の世紀シンポジウムでの講演を収録したものである。

書籍サンプル画像
プロ棋士とアマチュアの脳波活動の比較
プロ棋士とアマチュア初段に定跡形とデタラメな局面を見せたときの前頭部
の脳波活動を示す

目次
開会挨拶 金澤 一郎 6
犠蓮‘段鵡岷蕁’召硫椎柔 羽生 善治 11
蕎蓮’召鮹里襦‐棋棋士の直観を脳活動から探る 中谷 裕教 31
珪蓮’召鯀呂襦〃亳海鮴僂鵑把彰兇鰺椶ΑД灰鵐團紂璽疹棋と機械学習 近山  隆 65
絃蓮’召鮗蕕襦‥合失調症の脳病態と早期介入 笠井 清登 91
江蓮’召魄蕕燹“達期の神経回路機能の再編成 鍋倉 淳一 119
閉会挨拶 津本 忠治 142
著者紹介 144


PAGE TOP