ホーム > 書籍のご案内 > ブレインサイエンス・レビュー2015
このシリーズを探す

ブレインサイエンス・レビュー
ブレインサイエンス・レビュー

関連書籍を探す

医学
医学

新刊案内

最新刊5冊
最新刊5冊

ブレインサイエンス・レビュー2015

ブレインサイエンス・レビュー2015

→詳しい目次を見る

買い物カゴへ入れる

内容紹介
公益財団法人ブレインサイエンス振興財団編による、シリーズ2015年度版。
第27回塚原仲晃賞受賞の神谷之康氏(国際電気通信基礎技術研究所・脳情報研究所)、合田裕紀子氏(理化学研究所脳科学総合研究センター)の論文を含め、2012年度に学術研究助成を受けた12名の若手脳科学者たちの優れたオリジナル論文を収載。

→序文を読む

判型:A5版並製・256 / 発行日:2015.2.10 / 編著者:公益財団法人ブレインサイエンス振興財団
定価:3024 円 / 割引価格:2721 円
ISBN:978-4-87805-140-1

著者一覧 PDFサンプル

書籍サンプル画像
39頁 図1 fMRIボクセルとコラム構造

目次
はじめに
 (公財)ブレインサイエンス振興財団 理事長 廣川 信隆
iPS細胞を用いたパーキンソン病の病態解析
 北里大学医療衛生学部免疫学 太田 悦朗
脳情報デコーディング
 国際電気通信基礎技術研究所・脳情報研究所 神谷 之康
神経変性疾患関連たんぱく質TDP-43の断片化機構とその生理的意義
 大阪大学大学院医学系研究科神経遺伝子学教室 河原 行郎
新規運動ニューロン病遺伝子TFGの機能解析
 徳島大学大学院HBS感覚情報医学講座臨床神経科学分野 瓦井 俊孝
高速・高分解能ブレインイメージングに向けた技術 革新
 東京大学大学院理学系研究科
 中川 桂一、小林 博文、于  原駿、
 脇坂 佳史、野沢 泰佑、合田 圭介
恒常的なシナプス強度可塑性の時空間制御メカニズム
 理化学研究所脳科学総合研究センター 合田 裕紀子
抗うつ作用を担う海馬神経可塑性の解析
 日本医科大学大学院医学研究科薬理学分野 小林 克典
神経回路形成における軸索ガイダンス分子の役割
 金沢大学医薬保健研究域医学系・脳細胞遺伝子学研究分野 新明 洋平
右利きと左利きの脳内制御機構
 富山大学大学院医学薬学研究部(医学)解剖学講座 竹内 勇一
シナプス内シグナル分子動態イメージング
 自然科学研究機構 生理学研究所 村越 秀治
体内時計が生み出す約24時間周期のリズムとその原理
 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 吉種 光
マウスモデルの解析を中心とした脊髄小脳変性症6型の病態解明
 東京医科歯科大学脳統合機能研究センター 渡瀬 啓


PAGE TOP