プログラム

大会日程(予定)

8月24日(木)12:00〜 受付
13:00〜16:00 一般講演
16:00〜18:00 シンポジウム
18:00〜20:00 進化学 夏の学校(入場無料)
8月25日(金)9:00〜10:00 一般講演
10:00〜12:00 シンポジウム
13:00〜15:00 シンポジウム
15:00〜17:30 プレナリーセッション
18:00〜20:00 懇親会
8月26日(土)9:00〜15:00 ポスターセッション
12:30〜16:00 高校生ポスター発表・表彰式
13:00〜15:00 市民公開講座(入場無料)
16:00〜18:00 総会、学会賞授賞式・受賞講演

※ 詳細は決まり次第、お知らせいたします。


プレナリー講演会

『なぜ多くの甲虫種がいるのか? 分子系統学と進化発生生物学から解き明かす』
(国際シンポジウム:種多様性の進化・生態的機構)

「なぜ地球上にこんなにたくさんの生物種がいるのか?」という問いに答えることは容易ではありませんが、近年の進化生物学の発展により、種分化、種の多様化のプロセスや、形態を始めとする諸特性の多様化に関わる遺伝的基盤が次第に明らかになりつつあります。生物種の半分を占める昆虫の中でも、甲虫類は全生物種の5分の1を占め、ホールデンの言葉、”The creator has an inordinate fondness for beetles.”に代表されるように、生物多様性の象徴的分類群です。この講演会では、甲虫をこよなく愛する(?!)分子系統学・マクロ生態学者と進化発生学者にお越しいただき、これまでに解き明かされてきた甲虫多様化の過程と要因についてお話しいただきます。(企画:曽田貞滋)

開催予定日時8月25日(金) 15:00〜17:30
会場京都大学百周年時計台記念館・百周年記念ホール

講演者・演題

  • Alfried P. Vogler (Professor, Imperial College/Natural History Museum)
    Revealing the causes of beetle diversity from molecular phylogeny and macro-ecology(仮題)
  • Laura Lavine (Professor, Washington State University)
    Beetle evo-devo, and the mechanisms of morphological diversification in insects(仮題)

シンポジウム

シンポジウム概要

開催予定日時8月24日(木) 16:00〜18:00
8月25日(金) 10:00〜12:00、13:00〜15:00
会場吉田南キャンパス講義棟
時間枠・使用言語1セッションあたり2時間。日本語または英語。

企画一覧(受付順。開催日時・会場は決まり次第お知らせします)

  • 『生命誕生の謎に迫る実験科学〜多様性の起源はどこだ?〜』 (企画者:市橋伯一・車兪遏
  • 『系統関係推定研究の現在』 (企画者:斎藤成也)
  • 『RNAワールドを取り巻く未解決課題−核酸合成からRNA-タンパク質ワールドへの移行まで』 (企画者:赤沼哲史・山岸明彦)
  • 『比較ゲノムから幹細胞人類学へ:ヒト表現型進化のゲノム基盤解明に向けた新たな取り組み』 (企画者:河村正二・今井啓雄)
  • 『エボデボから見る非モデル生物研究の魅力』 (企画者:新美輝幸・後藤邉)
  • 『Ecology and evolution of Batesian mimicry polymorphism』 (企画者:古俣慎也・曽田貞滋)
  • 『繁殖行動の進化をもたらす神経基盤』 (企画者:石川由希)
  • 『温度適応機構〜生態から分子まで〜』 (企画者:齋藤茂・颯田葉子)
  • 『霊長類の反復配列』 (企画者:平井啓久・古賀章彦)
  • 『地質学的時間スケールでの多様性変動』 (企画者:生形貴男)
  • 『多様なウイルスと進化の世界』 (企画者:中川草・小林由紀/共催:新学術領域「ネオウイルス学」)
  • 『それは原生生物から始まった - 真核生物の誕生から多細胞性進化前夜まで』 (企画者:神川龍馬)

一般演題

※ただいま準備中です。

開催予定日時8月24日(木) 13:00〜16:00
8月25日(金) 9:00〜10:00

高校生ポスター発表

※ただいま準備中です。

開催予定日時8月26日(木) 12:30〜16:00